カートを見る

Morakniv Adventure
in Japan

















2020年6月19日(金)〜21日(日)
山梨県 本栖湖 浩庵テント村

Welcome to Morakniv Adventure in Japan 2020!

自分の手を動かして、ものを生み出すこと。
それは、自分の向き合った時間を形として残し、次の世代に物語とともに受け継いでいくこと。
ナイフ一本から生まれる豊かな世界に、足を踏みいれてみませんか。

モーラナイフ
発祥の地スウェーデンで始まったアウトドアイベント、「モーラナイフ・アドベンチャー」。
2018年日本に初上陸したイベントを、2020年は新たなステージとして富士山のふもとで開催します。
海外から招聘するプロフェッショナルなモーラナイフのアンバサダー陣から、
自然の中で役立つクラフトワークのスキルを学ぶ3日間。
ここでしか体験できないスペシャルイベントに、あなたも参加しませんか?

<大好評の参加者限定ノベルティグッズに加え、3/15までの早期申込み特典もご用意しています!>

Morakniv Adventure(モーラナイフ・アドベンチャー)とは?

木工の楽しさや自然の中で役立つスキルを学ぶ本格派アウトドアイベント
「モーラナイフ・アドベンチャー」は、2017年にモーラナイフ発祥の地スウェーデンのモーラで始まったアウトドアイベントです。モーラナイフのアンバサダーと世界中から集まった参加者が、森の奥深くにベースキャンプを設営。アウトドアでの時間を共にし、カービングやブッシュクラフトなど様々なワークショップを通して自然の中で役立つスキルを身につけていくスクール型イベントです。

2020年は富士山のふもとで開催!
日本では、2018年・2019年と北海道のオンネトーでモーラナイフ・アドベンチャーを開催。季節や天候によって色が変わる神秘的な湖のほとりにテントを張り、アドベンチャーを楽しみました。3回目の開催となる2020年は、新たなステージとして富士五湖のひとつである本栖湖の浩庵テント村にて開催します。

モーラナイフ・アドベンチャー in Japan 2020に申し込む

スケジュール(予定)
※内容は一部変更となる場合がございます。
※申し込みいただいた方には、イベント開催前に詳細のスケジュールをご案内します。
※ワークショップはそれぞれ異なる内容です。外国人アンバサダーによるワークショップには通訳がつきます。

--
--
6月19日(金)
参加者集合(13:00〜14:00予定)
モーラナイフのアンバサダーによるワークショップ
ウェルカムパーティー

6月20日(土)
終日モーラナイフのアンバサダーによるワークショップ
※1泊2日の参加者集合(朝9:00頃予定、テント設営後からワークショップに合流)

6月21日(日)

モーラナイフのアンバサダーによるワークショップ
閉会式・解散(11:00頃予定)

ワークショップ講師

Dave Canterbury
デイブ・カンタベリー氏

モーラナイフ公認グローバルアンバサダー。

自然の中で生き抜くための基礎的なスキルを教える「Pathfinder School(パスファインダー・スクール)」をアメリカで主宰。人気のスクールとなっています。
著書はニューヨークタイムズのベストセラーリストに載ったことがあり、ディスカバリー・チャンネルやナショナル・ジオグラフィックで自身の番組を持っていたこともあります。
ブッシュクラフトとサバイバルスキルの経験を20年以上もの間積んできたデイブは、自然の中で生き抜くスキルを伝えることに人生をかけています。

Dave Canterbury
https://www.instagram.com/pathfindersurvival

ワークショップ講師

Jögge Sundqvist
ヨゲ・スンクヴィスト氏

モーラナイフ公認グローバルアンバサダー。

「Surolle(スルオッレ)」の名前で知られるスウェーデンを代表する木工作家(ウッドワーカー)です。4世代にわたって工芸職人をつとめてきた家庭に生まれ、父ウイル・スンクヴィストと共に工芸の新しい時代を切り開いてきました。北欧各国をはじめアメリカやドイツ等で木工を教えながら、自らも木工作品を作り続けています。

Jögge Sundqvist
http://www.surolle.se/

通訳:久津輪 雅氏(岐阜県立森林文化アカデミー准教授)
ワークショップ講師

長野 修平氏

モーラナイフ公認日本・台湾アンバサダー。

ネイチャークラフト作家&アウトドア料理人。自然素材や古材を使った生活具の制作や山菜&焚き火料理を得意とし、雑誌・ウェブ連載、ワークショップ講師などで活躍中。東京八王子・陣馬山での古民家暮らしを経て、現在は神奈川・道志川の畔で半セルフビルドの自宅兼アトリエ「みのむしハウス」で里山暮らしをしながらアトリエ「NATURE WORKS」を主宰し、物づくりや自然の楽しさを伝えています。

NATURE WORKS
http://www.ne.jp/asahi/nature/works/

ワークショップ講師

Johan Skullman
ヨハン・スカルマン氏

モーラナイフ公認グローバルアンバサダー。

元スウェーデン軍の特殊部隊員として、ありとあらゆるアウトドア環境で過ごした経験のあるヨハン。山、川、森、そしてジャングル・・・地形に関わらず、どこでも身を守り、より快適に過ごす秘訣や重要な知識をもっています。

長きにわたる経験から、製品開発やアドベンチャーになくてはならない存在です。最も効率的にリュックサックに荷物を詰める方法から、飢えそうな時に自然の中で食べられるものを見つける方法まで、ヨハンのコースはとても人気でワクワクするものばかりです。

会場について

山梨県 本栖湖浩庵テント村

「モーラナイフ・アドベンチャーin Japan 2020」は、富士五湖のひとつである本栖湖の浩庵キャンプ場から本栖湖の南岸へ約3kmの位置にあります、「浩庵テント村」にて開催いたします。浩庵キャンプ場は、富士山を眼前に臨む最高のロケーションと、国内最高峰の透明度を誇る本栖湖のほとりにあるキャンプ場です。ここから眺めることのできる富士山と本栖湖の景色は、千円札にも印刷されています。※イベントを開催する特設サイトは、本栖湖の南岸へ約3kmの位置にある浩庵テント村です(富士山は見えません)。
本栖湖浩庵キャンプ場の詳細についてはこちら> https://kouan-motosuko.com/

浩庵テント村は浩庵キャンプ場より本栖湖の南岸へ約3kmの位置にあります。

参加者限定ノベルティ

決定次第発表いたします。

なお、参加者限定ノベルティに加えて、3/15までにお申込の方には、
モーラナイフTシャツ(非売品)をプレゼントいたします。

モーラナイフ・アドベンチャー in Japan 2020 開催概要
※集合時間や持ち物などの詳細は、お申し込みいただいた方に直接ご連絡差し上げます。

日程 2020年6月19日(金)〜21日(日) 2泊3日
料金

55,000円(税込)/お一人/2泊3日


※中学生から参加可能です。(保護者同伴必須、料金は大人と同様)
※お支払いはクレジットカード(VISA, Master)、コンビニ決済のみとなります。
※6月20日(土)〜21日(日)の1泊2日での参加も可能です。
 その場合は、50,000円(税込)/お一人/1泊2日となります。

開催場所 山梨県 本栖湖 浩庵キャンプ場 浩庵テント村
(所在地: 〒409-3104 山梨県南巨摩郡身延町中ノ倉2926)
定員 60人予定(定員に達し次第受付終了とさせていただきます)
集合場所・時間 6月19日(金)13:00〜14:00頃
本栖湖 浩庵テント村 モーラナイフアドベンチャー特設キャンプサイト


※テントサイトへ車での乗り入れが可能です。
※詳細は申し込みいただいた方にご案内します。
※1泊2日で参加される方は、6月20日(土)9:00に同サイト集合となる予定です。
持ち物

テント、寝袋、着替えなどの身の回りの品
お使いのモーラナイフ(各ワークショップでもレンタルナイフを用意いたします)
6/20の朝・夕食、6/21の朝食の準備

※ご自身のテント・寝袋での宿泊(もしくは車中泊)を基本としますが、数量限定でレンタル可能です。
レンタルは数に限りがあるため、お申し込みフォームに記入の上お問い合わせください。

料金に含まれるもの ・浩庵キャンプ村キャンプサイト利用費
・6/19のウェルカムパーティー代、6/20のランチ代
・ワークショップ関連費(すべてのワークショップ)

※6/20の朝・夕食、6/21の朝食については、料金に含まれません。ご自身でご用意ください。
※1泊2日参加の場合、浩庵キャンプ村キャンプサイト利用費・6/20のランチ代・到着以降のワークショップ関連費が含まれます。
お申し込み方法 以下お申し込みフォームよりお申し込みください。
記入いただいたメールアドレスに、イベント詳細やお支払い方法などをご連絡します。
3月15日(日)までのお申し込みで早期申込特典(モーラナイフ非売品Tシャツ)がつきます。
主催 モーラナイフ・ジャパン http://morakniv.jp
/株式会社アンプラージュインターナショナル http://uneplage.co.jp

後援
コンセプト提供
Morakniv AB  https://morakniv.se/en
キャンセルポリシー
  • 海外からアンバサダーを招いて行うイベントの性質上、お申し込み後のキャンセルは承っておりません。
  • イベント中止の場合は参加費を返金いたします。

    ※悪天候時の開催判断:6/18(木)12:00(中止の場合のみ、参加者の方にご連絡します)
定員 60人予定(定員に達し次第受付終了とさせていただきます)

お申し込み

イベントへの参加は、下記ボタンより決済を完了いただき次第、確定となります。

★お支払い者と参加者が異なる場合★

備考欄に参加者の方の「お名前・ご住所・TEL・emailアドレス」をお書き添えください。

★テント・寝袋のレンタルをご希望の場合★
備考欄にご希望のものをご記入ください。(いずれも数に限りあり・実費)

イベント開催が近くなりましたら、記入いただいたメールアドレス宛にイベント詳細をご連絡します。

ー 早期申込特典 ー
3月15日(日)までのお申し込みで、
モーラナイフTシャツ(非売品)をプレゼントいたします。
イベントへの参加は、下記ボタンより決済を完了いただき次第、確定となります。

★お支払い者と参加者が異なる場合★

備考欄に参加者の方の「お名前・ご住所・TEL・emailアドレス」をお書き添えください。

★テント・寝袋のレンタルをご希望の場合★
備考欄にご希望のものをご記入ください。(いずれも数に限りあり・実費)

イベント開催が近くなりましたら、記入いただいたメールアドレス宛にイベント詳細をご連絡します。

ー 早期申込特典 ー
3月15日(日)までのお申し込みで、
モーラナイフTシャツ(非売品)をプレゼントいたします。

FAQ

Qテントや寝袋を持っていないのですが、レンタルしてもらえますか?
A実費にてレンタル可能ですが、数に限りがございます。
お申し込み時に希望の旨お書き添えください。
Q振込での支払いは可能ですか?
A大変恐縮ですが、お支払いはクレジットカード(VISA, Master)、コンビニ決済のみとなります。
銀行振込をご希望の方は、お問い合わせフォームからご連絡ください。
Qテントや寝袋を持っていないのですが、レンタルしてもらえますか?
A実費にてレンタル可能ですが、数に限りがございます。
お申し込み時に希望の旨お書き添えください。

モーラナイフ・アドベンチャー in Japan
2018年開催の様子

写真:大社優子(以下全て) 


2018年7月、2019年7月と北海道で開催した「モーラナイフ・アドベンチャー in Japan」。北は北海道から南は熊本まで全国各地、そしてなんと台湾やタイからも、約50名の方に参加いただき、年を追うごとに盛り上がりを見せています。
アドベンチャーの中心は、モーラナイフのアンバサダーによるナイフワークやブッシュクラフトスキルを学ぶワークショップ。加えて湖周辺のハイキングや、北海道オンネトーにゆかりの深いアイヌ文化を味わう時間など、盛りだくさんの三日間となりました。
ナイフ一本から生まれる豊かな世界にふれ、木工やブッシュクラフトなど新たな世界に触れるきっかけとなるアドベンチャーとなりました。

木工ワークショップ <バターナイフ作り>

スウェーデン出身のアンバサダー、ヨゲ・スンクヴィスト氏を講師に、バターナイフを作りました。
まずは、白樺の丸太を割り、斧を使ってバターナイフに近い形状に形を整えるところから。ここで、ナイフに持ち替え、細かい部分を削っていきます。指が疲れない削り方や、削りにくい部分を削る方法など、数々のナイフワークを学びました。(最終日にもお箸作りのワークショップがあり、そこではまっすぐ棒をとがらせていく方法を学びました。)

ブッシュクラフトワークショップ

アメリカで活躍するデイブ・カンターベリー氏を講師に、限られた道具と野外にあるものを使って生活を生み出す「ブッシュクラフト」のスキルを学びました。
野外へ持っていく3つのもの、そして森を歩きながら拾っていくと役立つもの、といった視点。そして、白樺の皮とナイフを使った火起こしや、ロープワークを駆使したタープ設営の方法。これらは野営するときだけでなく、自然災害など「いざ」という時にも、体温維持などに役立つスキルとなります。

木工ワークショップ<カッティングボード作り>

北海道出身の長野修平氏を講師に迎え、アイヌに伝わるメノコイタ(カッティングボード)を作りました。
メノコイタは、持ち手近くに窪みがあり、まな板としても食器としても使える優れものの調理器具。窪みの部分を掘るのには、カービングナイフを使います。ブッシュクラフトが好きでアドベンチャーに参加された方も、ワークショップを通して木工の世界に魅了されたようでした。

アイヌ文化との邂逅

モーラナイフの故郷スウェーデンの北極圏に住む先住民族サーミと、北海道のアイヌには、文化や生活様式に多くの共通点が見られます。そんなところから、日本のアドベンチャーでは、二つの文化の邂逅が大きなテーマとなりました。

メディア取材関連

お問い合わせフォーム

イベントに関するお問い合わせは下記のフォームからお願いいたします。

※万が一フォームから送信ができない場合は、下記メールアドレス宛にご連絡ください。
 morakniv-adventure-japan★uneplage.co.jp(★を@に置き換えてください)
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
モーラナイフ・アドベンチャー in Japan

最新情報はFacebookにて

これは編集画面用のサンプルです。

「プレビュー」から実際の見た目をご確認ください。