カートを見る

Morakniv Adventure
in Japan














2019年7月5日(金)〜7日(日)
北海道オンネトー国設野営場

Welcome to Morakniv Adventure in Japan 2019!

モーラナイフ発祥の地スウェーデンで大人気のアウトドアイベント、「モーラナイフ・アドベンチャー」。昨年初めて日本でも「モーラナイフ・アドベンチャーin Japan」を開催しました。
今年も同じ北海道のオンネトー国設野営場での開催が決定!ブッシュクラフトや木工に精通したモーラナイフのアンバサダー達が来日してワークショップを行うスペシャルな3日間に、あなたも参加しませんか?

Morakniv Adventure(モーラナイフ・アドベンチャー)とは?

木工の楽しさや自然の中で役立つスキルを学ぶ本格派アウトドアイベント
「モーラナイフ・アドベンチャー」は、2017年にモーラナイフ発祥地スウェーデンのモーラで開催された、大人気のアウトドアイベントです。
森の奥深くにベースキャンプを設営し、モーラナイフのアンバサダーと世界中から集まった参加者たちが、数日間アウトドアでの時間を共にします。カービングを学び、自身のスプーンを木で作ったり、様々なワークショップを通して自然の中で役立つスキルを身につけていきます。

2018年から日本でも開催!
2018年7月、スウェーデンからゲストを招き、日本初のモーラナイフ・アドベンチャーを開催しました。開催地は北海道のオンネトー国設野営場。季節や天候によって色が変わる神秘的な湖のほとりにテントを張り、アドベンチャーを楽しみました。

モーラナイフ・アドベンチャー in Japan 2019に申し込む

スケジュール
※内容は予告なく変更となる場合がございます

7月5日(金)
13:00-14:30
参加者集合・釧路空港に各自到着               
13:30 バス1便目・釧路空港出発
15:00 バス2便目・釧路空港出発
15:00
バス1便目・オンネトー到着
16:30
バス2便目・オンネトー到着
-17:30
テント設営
18:00-19:00 デイブ・カンタベリー氏による着火体験
19:00-21:00
ウェルカムパーティー(講師紹介、アイヌ音楽演奏など)
長野修平氏によるボンファイヤークッキング・デモストレーション
(ラムクラウン)
13:30 バス1便目・釧路空港出発
7月6日(土)
7:00〜8:00
朝食
9:00〜11:00
アンバサダーによるワークショップ
11:00〜12:30
昼食
13:00〜15:00
アンバサダーによるワークショップ
15:00〜16:00
フィーカ(スウェーデンで大切にされるコーヒーブレイクの時間)
16:00〜18:00
アンバサダーによるワークショップ
19:00〜
夕食

※ワークショップは、3人のアンバサダーがそれぞれ行うワークショップを
 全て順番に体験していただきます。
※海外からのゲストのワークショップには通訳がつきます。

7:00〜8:00
朝食
7月7日(日)
7:00〜8:00
朝食                             
8:00〜9:00
参加者テント撤収
9:00〜11:00
アンバサダーによるワークショップ
閉会式
11:00
バスでオンネトー出発
12:30

釧路空港到着・解散

※交通事情で空港到着の時間が遅くなる場合があります。

8:00〜9:00
参加者テント撤収
ゲスト

Dave Canterbury
デイブ・カンターベリー氏

モーラナイフ公認グローバルアンバサダー。

自然の中で生き抜くための基礎的なスキルを教える「Pathfinder School(パスファインダー・スクール)」をアメリカで主宰。人気のスクールとなっています。
著書はニューヨークタイムズのベストセラーリストに載ったことがあり、ディスカバリーチャンネルでは自身の番組を持っていたこともあります。
ブッシュクラフトとサバイバルスキルの経験を20年以上もの間積んできたデイブは、自然の中で生き抜くスキルを伝えることに人生をかけています。

Dave Canterbury
https://www.instagram.com/pathfindersurvival

ワークショップ(2019NEW!)

万が一自然の中で一人きりになってしまったら・・・?ナイフを使った火起こしに始まり、そんな時に役立つブッシュクラフトのスキルを伝授してもらう予定です。2018年開催時とは異なる内容を予定しています。

ゲスト

Jögge Sundqvist
ヨゲ・スンクヴィスト氏

モーラナイフ公認グローバルアンバサダー。

「Surolle(スルオッレ)」の名前で知られるスウェーデンを代表する木工作家(ウッドワーカー)です。4世代にわたって工芸職人をつとめてきた家庭に生まれ、父ウイル・スンクヴィストと共に工芸の新しい時代を切り開いてきました。北欧各国をはじめアメリカやドイツ等で木工を教えながら、自らも木工作品を作り続けています。

Jögge Sundqvist
http://www.surolle.se/

通訳:久津輪 雅氏(岐阜県立森林文化アカデミー准教授)

ワークショップは2018年開催時とは異なる内容を予定しています。
ゲスト

長野 修平氏

モーラナイフ公認日本・台湾アンバサダー。

ネイチャークラフト作家&アウトドア料理人。自然素材や古材を使った生活具の制作や山菜&焚き火料理を得意とし、雑誌・ウェブ連載、ワークショップ講師などで活躍中。東京八王子・陣馬山での古民家暮らしを経て、現在は神奈川・道志川の畔で半セルフビルドの自宅兼アトリエ「みのむしハウス」で里山暮らしをしながらアトリエ「NATURE WORKS」を主宰し、物づくりや自然の楽しさを伝えています。

NATURE WORKS
http://www.ne.jp/asahi/nature/works/

ワークショップ(2019NEW!)

北海道・苫小牧がご出身で、アイヌ文化にもお詳しく、アイヌ村のある白老町で学芸員の方とアイヌ工芸の伝承研究もされている長野氏。昨年はアイヌ文化に絡めたワークショップを開催しました。2019年は2018年開催時とは異なる内容を予定しています。


ゲスト 2019NEW!

Johan Skullman
ヨハン・スカルマン氏

モーラナイフ公認グローバルアンバサダー。

元スウェーデン軍の特殊部隊員として、ありとあらゆるアウトドア環境で過ごした経験のあるヨハン。山、川、森、そしてジャングル・・・地形に関わらず、どこでも身を守り、より快適に過ごす秘訣や重要な知識をもっています。

長きにわたる経験から、製品開発やアドベンチャーになくてはならない存在です。最も効率的にリュックサックに荷物を詰める方法から、飢えそうな時に自然の中で食べられるものを見つける方法まで、ヨハンのコースはとても人気でワクワクするものばかりです。

会場について

北海道 オンネトー国設野営場

「モーラナイフ・アドベンチャーin Japan」の会場となるのは、北海道の阿寒国立公園内、雌阿寒岳の麓にある小さな湖のほとりに設置されたオンネトー国設野営場。「オンネトー」とはアイヌの言葉で、「老いた沼」「大きな沼」という意味をもつそうです。季節や天候によって色が変化する神秘的な湖と、エゾ松や白樺を中心とした雑木に囲まれた、地元北海道の方にも人気のキャンプサイトです。また、豊かな木工文化をもつアイヌの里であり、木工のワークショップにもぴったりのロケーションです。

キャンプサイト

テントを設営するのは、天候や光の当たり方で湖面の色が変化する神秘的な湖、オンネトーのほとり。
朝目覚めたら、しばしの間湖を眺めていたくなる贅沢なロケーションです。

サテライト会場

二日目は、キャンプ場から徒歩30分ほどの場所にあるサテライト会場「湯の滝」で昼食をとります。国の天然記念物に指定されている、湯の滝。温泉の滝として、マンガン酸化物生成現象が地上で見られる世界でただ一箇所の貴重な場所となっています。(足寄町HPより)

湖畔周辺トレイル

湖はもちろんのこと、天然林や足元の植物にも目が惹かれます。
湖畔は道が悪いところもあるので、トレッキングシューズが適しています。

モーラナイフ・アドベンチャー in Japan 開催概要
※集合時間や持ち物などの詳細は、お申し込みいただいた方に直接ご連絡差し上げます。

日程 2019年7月5日(金)〜7日(日)
料金

59,000円(税込)/お一人

※お支払いはクレジットカード(VISA, Master)のみとなります。
※会場の都合上、ペットの同伴はご遠慮いただいております。
※20歳未満の方はご参加いただけませんのでご注意ください。

開催場所 北海道 オンネトー国設野営場
(所在地: 〒089-3964 北海道足寄郡足寄町茂足寄国有林内)
定員 50人
集合場所・時間 釧路空港 到着ロビー
13:00〜14:30頃に集合予定(詳細は申し込みいただいた方にご案内します)
持ち物

テント、寝袋、お使いのモーラナイフ(各ワークショップでもレンタルナイフを用意いたします)

※ご自身のテント・寝袋での宿泊を基本としますが、数量限定でレンタル可能です。
 レンタルは数に限りがあるため、お申し込みフォームに記入の上お問い合わせください。

料金に含まれるもの ・釧路空港とオンネトー国設野営場のチャーターバス往復代
・キャンプサイト費
・食事代(7/5 夕食、7/6 朝昼夕食、7/7 朝食)
・ワークショップ①〜④関連費
料金に含まれないもの ・釧路空港までの往復飛行機代
・テント、寝袋(実費でレンタル可。ただし数量に限りあり)
お申し込み方法 以下お申し込みフォームよりお申し込みください。
記入いただいたメールアドレスに、イベント詳細やお支払い方法などをご連絡します。
<2019年の申し込みは締め切りました。沢山のご参加誠にありがとうございます。>
主催 モーラナイフ・ジャパン http://morakniv.jp
/株式会社アンプラージュインターナショナル http://uneplage.co.jp

後援
コンセプト提供
Morakniv AB  https://morakniv.se/en
キャンセルポリシー
  • 海外からゲストを招いて行うイベントの性質上、お申し込み後のキャンセルは承っておりません。
  • イベント中止の場合は参加費を返金いたします。
    飛行機代については返金できかねますので予めご了承ください。

    ※悪天候時の開催判断:7/4(木)12:00(中止の場合のみ、参加者の方にご連絡します)
定員 50人

お申し込み

イベントへの参加は、下記ボタンより決済を完了いただき次第、確定となります。

★お支払い者と参加者が異なる場合★

備考欄に参加者の方の「お名前・ご住所・TEL・emailアドレス」をお書き添えください。

★テント・寝袋のレンタルや近隣の宿泊施設利用をご希望の場合★
備考欄にご希望のものをご記入ください。(いずれも数に限りあり・実費)

イベント開催が近くなりましたら、記入いただいたメールアドレス宛にイベント詳細をご連絡します。
<2019年の申し込みは締め切りました。沢山のご参加誠にありがとうございます。>
イベントへの参加は、下記ボタンより決済を完了いただき次第、確定となります。

★お支払い者と参加者が異なる場合★

備考欄に参加者の方の「お名前・ご住所・TEL・emailアドレス」をお書き添えください。

★テント・寝袋のレンタルや近隣の宿泊施設利用をご希望の場合★
備考欄にご希望のものをご記入ください。(いずれも数に限りあり・実費)

イベント開催が近くなりましたら、記入いただいたメールアドレス宛にイベント詳細をご連絡します。

FAQ

Q首都圏在住なのですが、北海道までの飛行機手配などはお願いできますか?
A釧路空港までの飛行機手配はご自身でお願いしております。
釧路空港までの旅行の手配が必要な方は、本件の旅券の手配をお願いしておりますJTBをご紹介させていただきます。
なお、釧路空港から会場までのバス(費用に含む)は、モーラナイフ・ジャパンにてご用意しております。
Qテントや寝袋を持っていないのですが、レンタルしてもらえますか?
A実費にてレンタル可能ですが、数に限りがございます。
お申し込み時に希望の旨お書き添えください。
Q振込での支払いは可能ですか?
A大変恐縮ですが、お支払いはクレジットカード(VISA, Master)、コンビニ決済でのお支払いのみとなります。
銀行振込をご希望の方は、お問い合わせフォームからご連絡ください。
Q昨年モーラナイフ・アドベンチャー in Japan 2018に参加しました。リピーターも楽しめる内容になっていますか?
Aワークショップは、ヨゲさんが木工、デイブさんがブッシュクラフト、長野さんが日本ならではの木工、という大きな枠組みは変わりませんが、内容は新しいものになります。また、ヨハン・スカルマン氏を新たに講師に加えて新しいワークショップも予定しております。リピーターの皆様も楽しめる内容をご用意いたしますので、是非ご参加をお待ちしております。
Qテントや寝袋を持っていないのですが、レンタルしてもらえますか?
A実費にてレンタル可能ですが、数に限りがございます。
お申し込み時に希望の旨お書き添えください。

モーラナイフ・アドベンチャー in Japan
2018年開催の様子

写真:大社優子(以下全て) 


2018年7月、日本で初開催した「モーラナイフ・アドベンチャー in Japan」。日本初のアドベンチャーには、北は北海道から南は熊本まで全国各地、そしてなんと台湾やタイからも、約50名の方に参加いただきました。
アドベンチャーの中心は、モーラナイフのアンバサダーによるナイフワークやブッシュクラフトスキルを学ぶワークショップ。加えて湖周辺のハイキングや、北海道オンネトーにゆかりの深いアイヌ文化を味わう時間など、盛りだくさんの三日間となりました。
自分の手を動かして、ものを生み出すこと。それは、自分がそれに向き合った時間を形として残し、次の世代に物語と共に受け継いでいくことでもあります。

ナイフ一本から生まれる豊かな世界、そしてナイフワークに慣れ親しんだ方も、木工やブッシュクラフトなど新たな世界に触れるきっかけとなるアドベンチャーでした。

木工ワークショップ <バターナイフ作り>

スウェーデン出身のアンバサダー、ヨゲ・スンクヴィスト氏を講師に、バターナイフを作りました。
まずは、白樺の丸太を割り、斧を使ってバターナイフに近い形状に形を整えるところから。ここで、ナイフに持ち替え、細かい部分を削っていきます。指が疲れない削り方や、削りにくい部分を削る方法など、数々のナイフワークを学びました。(最終日にもお箸作りのワークショップがあり、そこではまっすぐ棒をとがらせていく方法を学びました。)

ブッシュクラフトワークショップ

アメリカで活躍するデイブ・カンターベリー氏を講師に、限られた道具と野外にあるものを使って生活を生み出す「ブッシュクラフト」のスキルを学びました。
野外へ持っていく3つのもの、そして森を歩きながら拾っていくと役立つもの、といった視点。そして、白樺の皮とナイフを使った火起こしや、ロープワークを駆使したタープ設営の方法。これらは野営するときだけでなく、自然災害など「いざ」という時にも、体温維持などに役立つスキルとなります。

木工ワークショップ<カッティングボード作り>

北海道出身の長野修平氏を講師に迎え、アイヌに伝わるメノコイタ(カッティングボード)を作りました。
メノコイタは、持ち手近くに窪みがあり、まな板としても食器としても使える優れものの調理器具。窪みの部分を掘るのには、カービングナイフを使います。ブッシュクラフトが好きでアドベンチャーに参加された方も、ワークショップを通して木工の世界に魅了されたようでした。

アイヌ文化との邂逅

モーラナイフの故郷スウェーデンの北極圏に住む先住民族サーミと、北海道のアイヌには、文化や生活様式に多くの共通点が見られます。そんなところから、日本のアドベンチャーでは、二つの文化の邂逅が大きなテーマとなりました。

参加者限定ノベルティ(2018年版)
※2019年のノベルティは未定です

アドベンチャーロゴ入り
限定Eldris(エルドリス)

モーラナイフで人気のモデル、ポケットサイズのシースナイフEldris(エルドリス)。
モーラナイフ・アドベンチャーのロゴ入りは、ここでしか手に入らない非売品です。どの色があたるかは当日のお楽しみ。

アドベンチャーロゴ入り
限定Tシャツ

スウェーデンで開催されるモーラナイフ・アドベンチャーでも配られる、限定Tシャツです。
ブラックとオリーブ、いずれかをプレゼントいたします。

アイヌ伝統の楽器
ムックリ(口琴)未完成版

長さ10〜15cm、幅1cmの竹に弁と糸がついていて、糸を引っ張ると弁が振動して音が鳴ります。それを口に当てて口内に共鳴させ、口の形や呼吸に変化をつけることでさまざまな音色の変化を生むことができる楽器です。(出典:アイヌ民族博物館HP)

初日のオープニングパーティーで、カービングナイフを使った削り方をご案内します。フィーカ(コーヒー)タイム中や空き時間を利用して、ぜひムックリ作りを楽しんでみてくださいね。

メディア取材関連




同時期開催!
パスファインダースクール・ジャパン
2019年7月1日(月)〜3日(水)北海道オンネトー国設野営場


アメリカで人気のアウトドアスクール Pathfinder Schoolを、2019年日本で初開催します!
舞台はモーラナイフ・アドベンチャーと同じく北海道オンネトー。
モーラナイフ・アドベンチャーの参加と併せて、ぜひご検討ください!

お問い合わせフォーム

イベントに関するお問い合わせは下記のフォームからお願いいたします。

※万が一フォームから送信ができない場合は、下記メールアドレス宛にご連絡ください。
 morakniv-adventure-japan★uneplage.co.jp(★を@に置き換えてください)
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
モーラナイフ・アドベンチャー in Japan

最新情報はFacebookにて

これは編集画面用のサンプルです。

「プレビュー」から実際の見た目をご確認ください。